トロンボーンぱぱぶろぐ

トロンボーンのお仕事&子育て奮闘記

保育園1年目、通って良かった事

タケソー@takesodaddyです。

新しい年度になりましたね!

4月からお子さんが保育園に通い始めたよ、という方も多いでしょう。

 

入園準備に慣らし保育、育児休暇を取得した方は職場復帰の用意、不安な事ばかりですよね。

 

我が家の娘が昨年1年間保育園に通って良かった事をまとめました。

是非参考にしてみて下さい!

 

 

ちなみに僕の娘が通ったのは、私立の認可保育園でした。

規模は1学年あたり15~20名ほど。

登りのきつい丘の上にあり、自宅から徒歩20分程度。1年でかなり痩せました




 

 

娘の成長、語彙爆発

一番はやはりこれですね。とにかくお友達の名前とか皆で歌ってる歌とか、親の知らない情報が出るわ出るわ!

我が家は日常的に音楽がずっとかかっていて歌も一緒に歌いますが、自発的に歌ったりすることはあまり多くないですね。

保育園からは歌や音楽が好きな旨聞いているので、基盤は作れているのかなーとは思っていますが。

 

クラスの活気や1人1人の立ち位置なんかは、送り迎えの一瞬でも良く見えます!

園児たちの中でもしっかりとしたコミュニティが出来上がって、社会性が身についているんだなあ、と感心しますよ。

妻の解放

娘保育園に預ける事について、最重要なのがココ。

奥様は、一年半の在宅育児で完全に疲弊していました。とにかく元気がなくなっていたんです。

 

で、とにかくパートでもなんでも、娘から離れて外に出る事を勧めた所、出産以前に勤めていた某コーヒーチェーン店で再びアルバイトする事に。

 

奥様は水を得た魚のようでした。
もちろん肉体的に過酷ですが、生気が戻りました。

そしてこれは僕もそうですが、娘に会えない時間ができた事でより愛おしく思うようになったのです。

父親としての自覚

娘を保育園に預けて妻が働くためには、僕の活躍が不可欠でした。
妻は早朝に出勤するので、娘の起床~登園までを1人でこなさなければなりません。

午前中からリハーサルがあった場合のタイムスケジュールはこんな感じです。

6:00 起床、奥さんにおにぎり進呈、自分の支度
7:30 娘起床、朝食・登園準備
8:30 登園
9:15 帰宅、職場へ
16:30 帰宅、お迎え、入浴
18:00 夕食
19:00 トロンボーン練習
21:00 娘就寝
0:00 料理作り置き、掃除、ブログ
3:00 就寝

正直なところ寝不足ですが、家族の為に頑張れているっ感覚は心地良いですね。
家事の効率を見直して睡眠時間を確保するのが課題です。無意識でも続けていけば自然に短縮できる気はしていますが。

僕は本当に心から楽しいと思える仕事に就いて、奥さんもその為に広島までついてきてくれました。
次は奥さんが仕事等好きな事をして、結婚・出産して良かったと感じて欲しいですね。

保育園1年目、通って良かった!

 色々と大変なこともありましたが、私・妻・娘3人ともが大きく成長した1年になりました。

もちろん通い始めは子供が別れ際に大泣きするし、家事もなかなか思うようにいかない、発熱による早退等で仕事もうまくいかない、などたくさんの障害があるでしょう。
でも家族で協力し合って、お子さんの成長を見守って行きましょう!
きっと、毎日素敵な発見がありますよ。